読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸 長田区 ドラム教室 ふたばドラムレッスン

神戸市 長田区のドラム教室 ふたばドラムレッスンのブログです

ドラム教室 神戸 レッスンで最近取り組んでいる練習方法

ドラム教室 神戸 長田区 ドラムレッスン 神戸 長田区 ドラム 無料体験レッスン 神戸 ドラム 初心者 ドラム 練習 ドラム 教室 朝 ふたば学舎

神戸 長田区のドラム音楽教室、ふたばドラムレッスン

の古田です。

 

最近、ドラムレッスンのウォームアップ練習で、

片手で一定時間叩き続ける、

というのに取り組んでいます。

 

初心者の方も、ある程度経験のある方も、長く叩き続けていると、

叩いている方の腕や肩が上がってきたり、

首が縮こまったりしてしまう、

となりがちです。

 

長く叩き続ける練習には、持久力を上げる目的もありますが、

だんだんと現れてくる自分の癖に気付いていってほしいです。

 

「腕を固めちゃってるな」、

とか

「からだが傾いてるな」

とか

「息が止まっているわ」

など色々気づきがあると思います。

 

あと、

叩き続けてると、からだの動かしている箇所や使い方をとっさに変えることもあるかと思います。

 

一つの動きを続けていると使われている箇所が疲れてきます。

「自分はここしか使っていなかったんだな・・」

と自分の動きを再確認するかもしれません。

 

からだの使い方の選択肢を増やすきっかけにもなったらいいな、と思って取り組んでいます。

 

こういったちょっとしんどい練習(私は根性系練習と呼んだりします)では注意することもあります。

 

まず痛みを感じたらやめてください。

無理のない負荷で練習を始めなければいけません。

特に初心者の方はテンポをどんどん上げたくなるかもしれません、じっくり取り組みましょう。

はじめに設定するテンポがすでに早すぎる、という方も多い気がします。

 

あと、

根性系練習は、取り組んでいる最中や、やり終えた後、達成感や爽快感があります。

が、それに囚われて練習の目的を忘れないようにしたいです。

 

 たまには

「俺、練習がんばったぜ〜!」

と達成感に浸るのも楽しく続ける秘訣ですけどね(笑)

 

ふたばドラムレッスン

会場:ふたば学舎

開講日:火曜日(月2回、朝のドラム教室)

  • 9:00〜10:30
  • 10:30〜12:00

    金曜日(月3回、昼〜夜のドラム教室)

  • 14:30〜16:00
  • 16:00〜17:30
  • 17:30〜19:00
  • 19:15〜20:45

90分レッスン

3〜4人のグループレッスン

月謝:7020円(税込)

 

ドラム無料体験レッスンございます。

 

お申し込み、お問い合わせは

furutadrum@gmail.com

05037463737

古田まで